【尿路結石マニュアル】男女の泌尿器の違い


sponsored link

  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link


男女の泌尿器の違い


男女の泌尿器の構造には違いがあります。ただし腎臓と尿管にはなく、膀胱と尿道に違いがあります。

膀胱では、一般的な男性と女性では貯蓄容量に差があります。公衆トイレを例に挙げると、男性の方が個室でなくても手軽に立ったまま排尿することが可能で、すべて個室である女性と比べて設置台数が多くなります。女性は行列が出来るほど待ち時間が長く、一回の排尿に男性よりも時間と手間が掛かってしまいます。こんな背景で女性のほうが膀胱での貯蓄容量が多くなりやすいわけです。
また尿道では長さに大きく違いがあり、男性は約20センチで女性は約5センチと4倍ほど違います。太さは男性が約6ミリで女性が約10ミリと女性が少しだけ太いようです。男性の尿道は射精時にも通過するので、生殖器としての役割も持っています。

そして構造が違うことから、疾患しやすい病気にも違いが生じます。男性は尿道が長いので尿道内での炎症や腫瘍のトラブルが多く、尿道炎や尿路結石の病気にかかりやすいです。
それに対して女性は、尿道が短く肛門が近いので細菌が入り込みやすい為、膀胱炎になりやすいです。



結石が出来る原因
尿路結石マニュアルTOP

sponsored link



copyright©2009  【尿路結石マニュアル】  All Rights Reserved